Activity

SCIXスポーツ・インテリジェンス講座

 『SCIXスポーツ・インテリジェンス講座』は、スポーツ界の知見豊かな方々を講師に招き、スポーツの在り方や人材育成のポイントを学ぶ講座です。

第11回 SCIXスポーツ・インテリジェンス講座

『スポーツの多様な見方、考え方 ― クロス・スポーツ・インテリジェンス』


 スポーツ界の知見豊かな方々を講師に招き、スポーツの在り方や人材育成のポイントを学ぶ『SCIXスポーツ・インテリジェンス講座』の第11弾です。今年も全体のテーマは「クロス・スポーツ・インテリジェンス」。同じ競技・スポーツでも、見方・立場を変えれば、そこにさまざまな考え方や目指したい姿が見えてくる。それらを対話・鼎談形式で語り合っていただきながら、スポーツ・教育・ビジネスの現場で人材育成に関わる皆さんにとって「多様な見方」「新たな考え方」の発見につながればと考えています。

会場:神戸国際会館セミナーハウス
期間:2017年6月17日(土)~8月26日(土) 全3回

講座内容

第1回 6月17日(土)19:00~20:30

『“運動が苦手な人”も楽しめるー。“ゆるスポ”に見るスポーツの多様性を考える』

玉木正之 氏(スポーツ評論家)
 ×
澤田智洋 氏(一般社団法人世界ゆるスポーツ協会代表)
Photo

2020年東京五輪パラリンピックに向け、スポーツへの関心、話題が高まる一方、忘れてはいけないのは「スポーツ弱者」の存在だ。例えば運動が苦手な人や高齢者、障害のある人たちなど、スポーツや競技を楽しむ環境からは遠いという人たちも少なくない。そんな人たちも、競技のルールや心理的負担を下げてやれば、もっとスポーツを楽しめる環境になるのではないか。そうした思いから年齢や性別、運動神経や障害の有無にかかわらず、だれもが楽しめる”ゆるスポーツ”を考案、その普及に取り組んでいるのが澤田氏が代表を務める「一般社団法人世界ゆるスポーツ協会」だ。「スポーツは一部のエリートアスリートのものだけではない」―。お二人と共に改めてスポーツの多様性とは何かを考えてみたい。

第2回 7月29日(土)19:00~20:30

『コーチング・ジレンマ〜その向き合い方と乗り越え方』

東海林(とうかいりん)祐子 氏(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス准教授)
 ×
溝口紀子 氏(バルセロナ五輪女子柔道52kg級銀メダリスト)
Photo

指導者ならだれもが抱える「コーチングのジレンマ」。自分の成功体験を伝えることがコーチングの本質だと思い込み、それを一方的に押し付けた結果、選手との信頼関係が崩れ、目標達成どころかチーム崩壊の危機を招く結果に。そんな苦い経験を持つ指導者も少なくないはずだ。今回はそうした個人の経験則頼りのコーチングを可視化し、コーチと選手の関係性を改善しながら、チームのパフォーマンスも向上させるコーチングについて、ハンドボール(団体競技)出身の東海林氏と、柔道(個人競技)出身の溝口氏に、それぞれの経験を通して語り合っていただく。

第3回 8月26日(土)19:00~20:30

『強い組織を作る、もう一つの戦略〜メンタルトレーニングの使い方』

高崎利明 氏(伏見工業・京都工学院ラグビー部GM)
 ×
荒木香織 氏(園田学園女子大学教授)
 ×
平尾 剛 氏(神戸親和女子大学准教授)
Photo

2015ラグビーW杯イングランド大会でE・ジョーンズHC率いる日本代表が、優勝候補の南アフリカを破る大金星を挙げ、世界中のファンを驚かせたことはまだ記憶に新たなところです。今回はそのラグビー日本代表でメンタルコーチを務めた荒木氏と、高校ラグビー界の名門・京都伏見工高(現・京都工学院高校)のラグビー部GM・高崎氏、ラグビー元日本代表でもある神戸親和女子大学准教授・平尾氏を迎え、選手のより高いパフォーマンスを引き出すために、メンタルを鍛えることがいかに重要であるか、それを組織強化のためにどう戦略的に活かしていけばいいかなどを語っていただきます。

※都合により日程、時間、内容の変更もありえます。あらかじめご了承ください。


主催
特定非営利活動法人スポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構
(略称:SCIX=シックス)
後援
神戸市/神戸市教育委員会/神戸市スポーツ教育協会/関西ラグビーフットボール協会/兵庫県ラグビー協会/兵庫県サッカー協会/関西学生アメリカンフットボール連盟/神戸新聞社
会場
神戸国際会館セミナーハウス いずれの回も802~803号室
〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8丁目1番6号
http://www.kih.co.jp/access
定員
100名(応募者が定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。)
受講料
無料
お申込み
※応募者が「定員」に達しましたので、締め切りとさせていただきます。
お問合せ
SCIX事務局(株式会社神戸製鋼内)
TEL:078-261-4046 FAX:078-261-4074

「SCIXスポーツ・インテリジェンス講座」実施レポート

第11回 『スポーツの多様な見方、考え方』―クロス・スポーツ・インテリジェンス
vol.1 『“運動が苦手な人”も楽しめるー。“ゆるスポ”に見るスポーツの多様性を考える』
vol.2 『コーチングジレンマ 〜その向き合い方と乗り越え方』
vol.3 『強い組織を作る、もう一つの戦略〜メンタルトレーニングの使い方』
2017年5〜8月
第10回 『スポーツの多様な見方、考え方』―クロス・スポーツ・インテリジェンス 2016年6〜8月
第9回 『スポーツの多様な見方、考え方』―クロス・スポーツ・インテリジェンス
vol.1 「チーム競技」と「個人競技」
vol.2 「スポーツを書く」と「スポーツをしゃべる」
vol.3 「W杯に導く指導者」と「W杯で勝てる指導者」
2015年5〜8月
第8回 『スポーツが育む「知恵」を どう社会に活かしていくか。』人を育て、導くためには何が必要か─。 2014年5〜8月
第7回 『スポーツとは何か、コーチングとは何か』人を育て、導くためには何が必要か─。
Vol.1 『スポーツとは何か、コーチングとは何か』
Vol.2 『なでしこの育て方』
Vol.3 『スカウトは預言者であれ』
Vol.4 『スポーツとは何か』
2013年4〜7月
第6回 『スポーツの活かし方』〜個(アスリート)の可能性をどう引き出し、組織や地域に活かしたらいいか〜
Vol.1 『スポーツを考える』
Vol.2 『根拠のない自信を育てよう』
Vol.3 『失敗して学ぶ 成功して学ぶ ―可能性の引き出し方』
Vol.4 『市民スポーツ発 アスリートの育て方~地域とマスコミの役割』
2012年4〜8月
第5回 『コーチング』を考える
Vol.1 『コーチングで何が変わるか』
Vol.2 『夢を育てるコーチング』
Vol.3 『“心”を動かすコーチング』
Vol.4 『努力は裏切らない』
Vol.5 『支えあう仲間の大切さ』
2008年5〜6月