Activity

SCIXスポーツ・インテリジェンス講座

 『SCIXスポーツ・インテリジェンス講座』は、スポーツ界の知見豊かな方々を講師に招き、スポーツの在り方や人材育成のポイントを学ぶ講座です。

第13回 SCIXスポーツ・インテリジェンス講座
―スポーツの多様な見方、考え方。クロススポーツ・インテリジェンス―

『2019ラグビーW杯から始まる“ゴールデン・スポーツイヤーズ”。その先陣を切るラグビーW杯の「成功」で示したいスポーツの価値向上』


 開幕まであと100日と迫ったラグビーW杯日本大会。この大会を皮切りに日本では「2020東京五輪パラリンピック」、「ワールドマスターズゲームズ2021関西」、そして「2021第10回世界パラ陸上競技選手権大会」(神戸市)と世界的なスポーツイベントが続く「ゴールデン・スポーツイヤーズ」を迎える。同一国で世界規模の大会が3年連続で開催されるのは世界初のこと。それだけに先陣を切るラグビーW杯は是が非でも成功させ、そのレガシーを含め、スポーツの社会的価値向上には先鞭をつけたいところだ。スポーツを“する”“みる”“支える”をより身近な「文化」にするためにも、スポーツの価値向上への議論を、今年も重ねていきたい――。

お申し込みフォーム


講座内容

第1回 2019年6月29日(土)18:30~20:00

『ラグビーW杯で、あなたは「何」を「見る」…?~「W杯を見る/オリンピックを見る」とはどういう行為を指すのか?~』

講師:玉木正之 氏(スポーツ文化評論家)
Photo

「すみません。オリンピックはどこでやっていますか?」――。1964年の東京五輪時、記録映画のため駒沢競技場でカメラを回していた映画監督の市川崑氏は、和服姿のお嬢さんたちに、こう尋ねられたという。目の前ではサッカーの競技が行われ、男たちがボールを蹴って走り回っていたのだが…。それを機に市川監督は、「オリンピック(を見る)とはなんだろう?」と考え続けるなかで、あの名作を完成させたという。W杯を、オリンピックを見るとはどういうことか? スポーツの見方を超えた「モノノミカタ」について、DVDなどの映像を用いて語っていただきます。

第2回 2019年7月27日(土)18:30~20:00  

『平成最後のラグビーチャンピオンとして迎えるW杯日本大会。そこから見えるKOBEのラグビーと日本ラグビーのこれから――。』

野村周平 氏(朝日新聞スポーツ部 記者)
 ×
福本正幸 氏(神戸製鋼コベルコスティーラーズ チームディレクター)
Photo

18年ぶりに日本一の座を獲得、平成最後のラグビー王者に輝いた神戸製鋼コベルコスティーラーズ。世界一を賭けた2019年ラグビーW杯は、日本のチャンピオンチームという頂から眺めることになる。悲願の“ベスト8入り”を目指すジェイミーJapanを含め、世界の強豪チームは果たしてどんなラグビーを見せてくれるか。慶應ラグビー部の先輩・後輩のお二人に、大会の見どころから、日本やKOBEのラグビーのこれからについて、語り合っていただきます。

第3回 2019年8月24日(土)18:30~20:00

『2019ラグビーW杯の「成功」でつかみたい「ラグビー人気復活」。そこから、もう一度始めたいラグビー文化定着への議論や取り組み――。』

村上晃一 氏(ラグビージャーナリスト)
 ×
平尾剛 氏(ラグビー元日本代表 神戸親和女子大学教授)
Photo

“2015年の轍は踏まないー”。これは2019ラグビーW杯日本大会を直前にした、ラグビー関係者すべての偽らざる心境だろう。あの南アフリカ戦を含めた予選3勝という素晴らしい結果を残し、ラグビー人気復活を思わせた前回の2015年大会。しかし結果は、国内最高峰のTLの集客数が翌年には早くも落ち込むなど、競技人気の安定化には結びつかなかった。その轍は踏みたくない。2019年はW杯期間中の熱気の高まりを追い風にし、スポーツ観戦文化を含めたラグビー文化定着への取り組みをどう進めるべきかを、語り合っていただきます。

※ 都合により日程変更の可能性もあります。予めご了承下さい。



主催
特定非営利活動法人スポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構
(略称:SCIX=シックス)
後援
神戸市/神戸市教育委員会/神戸市スポーツ教育協会/関西ラグビーフットボール協会/兵庫県ラグビー協会/兵庫県サッカー協会/関西学生アメリカンフットボール連盟/神戸新聞社
会場
神戸国際会館セミナーハウス 802~803号室(第1回)、901~902号室(第2、3回)
〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8丁目1番6号
http://www.kih.co.jp/access
定員
100名(応募者が定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。)
受講料
無料
お申込み
お申し込みフォーム
お問合せ
SCIX事務局(株式会社神戸製鋼内)
TEL:078-261-4046 FAX:078-261-4074

「SCIXスポーツ・インテリジェンス講座」実施レポート

第12回 『フットボールタウン神戸は、2019ラグビーW杯から始まるスポーツへの関心・熱気の高まりをどう市民生活に結びつけていくか』
vol.1 『スポーツを”知る”“学ぶ”から始める、フットボールタウンKOBEの未来』
vol.2 『1本のトライは、五輪のメダルにも匹敵する喜び!~元日本代表の語る体験的ラグビー論』
vol.3 『ラグビーの持つ“多様性”“寛容”の精神を、どう日本のスポーツ文化に融合させるか~2019ラグビーW杯からの取り組み』
2018年6〜8月
第11回 『スポーツの多様な見方、考え方』―クロス・スポーツ・インテリジェンス
vol.1 『“運動が苦手な人”も楽しめるー。“ゆるスポ”に見るスポーツの多様性を考える』
vol.2 『コーチングジレンマ 〜その向き合い方と乗り越え方』
vol.3 『強い組織を作る、もう一つの戦略〜メンタルトレーニングの使い方』
2017年5〜8月
第10回 『スポーツの多様な見方、考え方』―クロス・スポーツ・インテリジェンス 2016年6〜8月
第9回 『スポーツの多様な見方、考え方』―クロス・スポーツ・インテリジェンス
vol.1 「チーム競技」と「個人競技」
vol.2 「スポーツを書く」と「スポーツをしゃべる」
vol.3 「W杯に導く指導者」と「W杯で勝てる指導者」
2015年5〜8月
第8回 『スポーツが育む「知恵」を どう社会に活かしていくか。』人を育て、導くためには何が必要か─。 2014年5〜8月
第7回 『スポーツとは何か、コーチングとは何か』人を育て、導くためには何が必要か─。
Vol.1 『スポーツとは何か、コーチングとは何か』
Vol.2 『なでしこの育て方』
Vol.3 『スカウトは預言者であれ』
Vol.4 『スポーツとは何か』
2013年4〜7月
第6回 『スポーツの活かし方』〜個(アスリート)の可能性をどう引き出し、組織や地域に活かしたらいいか〜
Vol.1 『スポーツを考える』
Vol.2 『根拠のない自信を育てよう』
Vol.3 『失敗して学ぶ 成功して学ぶ ―可能性の引き出し方』
Vol.4 『市民スポーツ発 アスリートの育て方~地域とマスコミの役割』
2012年4〜8月
第5回 『コーチング』を考える
Vol.1 『コーチングで何が変わるか』
Vol.2 『夢を育てるコーチング』
Vol.3 『“心”を動かすコーチング』
Vol.4 『努力は裏切らない』
Vol.5 『支えあう仲間の大切さ』
2008年5〜6月