読んでいると・・感激して目頭が熱くなりましたので・・・
大阪府高等学校野球連盟、7/28(水)付『各日の試合結果(速報)』より抜粋してみました♪

真夏の太陽の下、ベスト8をかけた熱戦が繰り広げられました。
試合終了後、舞洲球場では機械整備を行うので「整備はいいよ」と、声をかけたところ、「もう少しだけ、させてください。」との声が返ってきました。
3年間の思いを込めて、自分のポジションの整備をしたかったのでしょう。
背番号「6」がんばれ!
勝ったチームも、敗れたチームの選手も、次の目標に向って、頑張れ!!
連日、日差しが大変強くなっています。応援に際しては、健康管理に気をつけて、絶対に無理をせず、日よけや、水分の補給などの対策を講じてくださいますようお願いします。無事故で素晴しい大会となりますよう、ご協力よろしくお願いします。
27日に行われた抽選会の結果は、「4回戦以降」の頁に掲載しました。


今年の春、
思わぬ出来事から大阪学院大高・椎江監督と話す機会に恵まれました。
その日から、大阪の高校野球への関心が芽生え、高野連や気になる学校のHPを覗いたりしていたのであります。

尊敬する椎江監督率いる、大阪学院大高は箕面東に惜敗しBest32で夏を終えました。
電話の耳元で響いた『オレは、縁を大切に生きていく!』のコトバを証明するような組み合わせとなった二回戦対箕面学園、四回戦対箕面東に強烈な説得力を感じシビれました。

そして『4年後待ってるで!!』と云っていただいた、ウチの小僧。
「椎江さんに指導して戴きたい」という思いが更に高まるのでありました。


Twitterに感けて更新が滞っておりますが、
小僧は相変わらず野球小僧の道をまっしぐら。
ワタクシはというと・・
及ばずながら、日夜Tバッティングの相手やバッティング投手を務めています。
小僧ったら、更に強運を発揮しプロ野球公式戦の始球式を務めたりもして、奴も良い経験を重ねています。
本人も『もう一度このマウンドで投げたい☆』と思い出深いスカイマークスタジアムでコメントしておりました。
今後も、彼の成長を邪魔することなく、目標までの道のりをサポートし続けます。

背番号「20」もがんばれ!