ネルソン・マンデラとラグビーワールドカップ

この映画を見るまで、この2つの結び付きを全く知りませんでした。

また、ラグビーワールドカップ南アフリカ大会がどのようなものだったのかを全くしりませんでした。

評論家の川本三郎氏がこの映画を、「とても熱く、まっすぐな映画だ」と評してますが、全く同感です。

「1995年、マンデラは、自国開催のラグビーワールドカップで、“国の恥”と言われた南アフリカの代表チームを初出場初優勝へと導いた。そして、勝利の瞬間、一国の歴史が永遠にかわったのだ。一体彼はどうやって、この偉業を成し遂げたのか?」(映画パンフより引用)

兎に角、この話は実話だという。

ネルソン・マンデラは27年間監獄に囚われていたが、「インビクタス」 という詩を心の支えにしたそうで、この「インビクタス」というのは、「征服されない」という意味で、それがこの映画の原題になり、邦題は「負けざる者たち」となったようです。

ラグビーは白人(アフリカーナ)が愛するスポーツで、黒人にとってはアパルトヘイトの象徴であったそうで、国際試合からも追放されていたチームは弱体化し、黒人たちは、ゲームがあっても相手(国)チームを応援するような状況だったそうです。

黒人であるマンデラは、国民の意思を統一するためにも、白人へ復讐するといって手段は取らず、ラグビーを通じて人心をひとつにすることに注力した。

ラグビーがメインの映画ではないですが、ラグビーの精神「ワン フォー オール、オール フォー ワン」が全編を通じて溢れていますし、ラグビーの試合のシーンもこれまでのスポーツ映像とは違ったもので、迫力があります。

単純にマンデラやラグビーチームの主将のピナール(この人も実在)を英雄として取り上げるのではなく、苦労をして自立してきた人間が素晴しいとし、そこに深い感動を覚えるものでした。

まだ、年初ですが、今年一番のジーンとくる映画です。