| Next»
Category: Coaching
Posted by: mitsuro11
2017年6月19日、長男の高校球児生活がゲームセットを迎えました。
その日は、高三の彼にとって集大成となる全国高等学校野球選手権大会大阪府予選抽選前日。抽選後に提出する選手登録を前に発表されたベンチ入りメンバー20名に彼の名前はありませんでした。
小学2年で少年野球を始めて5年、中学では硬式野球チームで3年、そして憧れの高校球児に!
2006年WBC予選VTRで侍JAPAN主将宮本選手のプレーを視た瞬間「野球教えて欲しい」と言ったのがキッカケでした。
今でも良く解りませんが、その時目に映った『何か』が彼のスイッチを入れたのでしょう。
厳しい練習、試合の重圧、合宿や遠征、喜怒哀楽を仲間と分かち合った青春の日々。
二年秋の新チームで背番号「10」をもらってきた夜は嬉しくて眠れませんでした。
春大でメンバー漏れした夜、そして19日の夜も悔しくて眠れませんでした。
私学大会では「1」を背負い粘りの投球で持ち味を発揮。打っては公式戦初ホーマー。
夏に再び番号を背負ってベンチ入りすることを目標に懸命に努力を重ねていましたが…
先週末の遠征もメンバーに帯同しブルペンで準備していたものの、登板機会はありませんでした。
一縷の望みにすがりつつ、何となく腹を括らねばと感じてはいましたが、いざとなると本人以上に狼狽する情けない昭和38年生れの元高校球児。
ボクより先に立ち上り、歩き始めた彼のことを誇りに思っています。
他の父兄と共に応援しながら「野球するなんて思ってなかった」と話し「でも、塁って名前やん」って突っ込まれ大笑いしたのが、つい昨日のように思い出され涙があふれます。
やり切ったのか?それともやり残したことがあったりするのか??
大学でも社会人でも野球を続けて欲しいのがホントの気持ちですが…
今は少しそっとしておこうと決めました。
妥協を許さず鍛えてくださった指導者、共に戦った仲間、そして共に応援した父兄の皆さんには感謝の気持ちで一杯です。
彼は試合が続く限り裏方としてメンバーを支え共に戦います。
今は、彼らの輝く時間が一秒でも長く続くように願うばかりです。
全国各地で繰り広げられる地区予選、そして憧れの甲子園での選手権大会はもうすぐ。
長男と全国の高校球児のためにベリーグッドマンの「ライトスタンド」をリクエストします。

【追記】TOKYO FM「DUNLOP presents LOVE UNITED」の≪MESSAGE & REQUEST リクエストソングと曲にまつわるエピソードを募集≫に送った原文そのままをBlog-Upしてみました。
美樹さん…読んでくれるかな?

Category: Coaching
Posted by: mitsuro11
久々のBlog Upとなりました!
先週の土曜日は思うところがあり、山■クラブの練習を見学しに行ってきました。
随分時間が経過しましたが・・
前回Titleに登場した対戦相手⇒試合結果はコテンパンの★

正午からTop-League神鋼vsヤマハ@花園(距離約2Km)があったとは云え。。
キモチは「少年野球練習見学≧神鋼戦観戦」の図式やったかナ?!
練習開始の8時に間に合うよう7:15に原チャに跨り現場に急いだものの、
到着時の7:55には既にアップが始まってて(>_<)
ま!「揃い次第Go☆」ってヤツでしょう。。。

黙って見るのも気が引けたので・・・
挨拶の後、9月に対戦させてもらい“子ども達の強さ・明るさの理由は練習にあると感じたので”云々かんぬん理由を並べ立て見学の許可を戴きました。
「グランド内もOK」と大盤振る舞いの満額回答でしたが・・・
流石にド厚かましいボクも三塁側ネット越しに!
子ども達〜指導者〜お母さんスタッフの一挙手一投足にシッカリ目を凝らし、
シタタメたMEMOはA4用紙表裏3枚!!

7:55〜11:30が『あッ』ちゅう間(XoX)の215分でした!!
ボクの足元には”目から鱗がザック×2”バックネット〜レフト定位置辺りまで、ボクの導線がハッキリ解る程でした(本文より逸れ過ぎてますが・・・)

抽象的表現ばかりなのでPointを整理すると・・・
子ども達が下を向いていない
アップ〜キャッチボール、ノック〜バッティング等、練習メニューが変る時の時間効率が良い(シッカリ休憩〜給水)
各個人で理解度(野球に対する)の違いはあるものの、解ってる子が解ってない子にアドバイスできる環境である(⇒コーチが更にフォローしていた)
失敗した子どもに成功するまでチャンスを与え続ける(⇒周りの子どもコーチも本気でアドバイス=みんなで声援)
指導者(HC・C陣)がみんな明るい⇒暗黙の役割分担(怒り役⇔フォロー役)
ってトコでしょうか♪

漠然としたイメージで・・
”中学強豪〜高校並み”の指導システムが確立しているように見えました。
思い切って目を瞑り《捕る》《投げる》《走る》の基本動作は同じ小学四年生の枠内で捉えたとしても・・・
インテリジェンスの部分を積上げると、我四年生TEAMは山■クラブ三年生と対戦しても厳しいように・・・・
更に思いを巡らせ・・・・・
山■四年に「我六年TEAMは勝てんやろなぁ〜(T_T)」と正直に感じました。。。。


翌日曜日にSCIXコーチングセミナーがあったのは、偶然のイタズラでしょうか?
平尾理事長・鳥内監督(関学ファイターズ)・菊池チーフ(ヴィッセル神戸)の三パネリストのコメントに乗り、操られるコトバ達に色んな映像が浮かび上がり、ホント充実の週末でした!
平尾理事長の”グランド内の小さなコミュニケーション”、”気配・ニオイ”、”最近!理不尽もアリかナ?!って思った”
鳥内監督の”何オレの顔見とんねん!やるべきコトに集中しろォ〜!!”、”ソレどっちが得やねん?”
菊池チーフの”クラブのロイヤリティ=美しく勝つ”、”コーチが一番楽しんでたよネ(^_-)ってハナシ” etc
美齋津さんの球(ネタ)捌きと共にKey Word達が鮮明に蘇ります・・・・
ホントにほんとにリアルに!!


訳あって。。
最近、指導現場を離れております。。。
正直、グラウンドが恋しくて堪りません。。。。
菊池チーフやないけど・・ボクも『マウンドで楽しみ過ぎッ(^o^)』って良くΕ辧ムやあいΨに云われてたもんなぁ・・・

来る日の為に!シッカリ充電し!!準備を整え!!!
今は只管・ひたすら・ヒタスラ自宅で小僧のTバッティングにトスを上げ続けます☆


【追記】サントリー戦@長居△慮紂金武選手(神鋼PR)と少し話しました。
(サントリーに負けはしなかったものの・・)彼は『勝たなけりゃ駄目です!』と力強く言い切ってくれました☆
そして昨日、
ボクの「花園 HS神戸1援行きます(`_´)ゞ」のコトバに⇒『頼むで!全部勝つから!!約束するヨ!!!』と平尾理事長が言い切ってくれました☆☆
コレで、近鉄☆トヨタ☆コーラ☆東芝☆確定♪
勢いで・・ホンダ☆見に高松まで走ろかナ(^_^)/ 
(ETC割引もあるし☆うどん巡りのオプションつけて☆☆)

Category: Coaching
Posted by: mitsuro11
先週来よりお気に入りの日本気象協会HPを開き、
明日〜明後日の天気予報を気にしながらPC画面を睨んでおります!
傘マークの数字が少しでも小さくならないかと・・・
ソウデス☆今週末は小僧たちが属する少年野球TEAMの夏合宿なのです!!

去年は確か・・・
梅雨明けしていて灼熱の太陽を気にしていたような。。
今年は・・・
雨と大阪府南部で猛威を振るう新型インフルエンザを気にしております。。。
私事ですが・・・
日程中にオヤジの退院が重なったりして途中で抜けたりするので雨もアリかナ?などと企んでるというのは内緒のコトです。。。。

再び私事ですが、昨日の誕生日に際し沢山のMail&TELを頂戴いたしましてありがとうございましたm(_ _)m 小娘なんぞ「朝はやくにスミマセン」のメッセージを入れ5:45にMailをくれまして☆ホント「朝はやくからスミマセン」この場をお借りしまして関係各位(特にあなた・・・)に厚く御礼申し上げます<(_ _)>


そろ×2、本題に入ります☆
相変わらず投打が噛み合わず・・
ぶっちぎりでパ・リーグ最下位を独走するORIX。。
少し楽天の姿が見え隠れするようになりはしましたが・・・
カブレラに続きローズ・後藤、投手で小松待ちってトコでしょうか。。。
首位ソフトバンクとの昨夜の第三戦。先発は光原投手、登録即先発というコトで『ファームで結果を出してんなぁ〜』などと微かに期待しておりました。
(大久保・平野と共に京産大独特の投球フォーム程度しか存じておりませんが)

ところが・・・・
あまりご存知の方は居られないと存じますが・・・・・
こんな展開でした・・・・・・
《初回》)楝:1-3から四球∪邵:一塁走者盗塁→送りバント=野選⇒無死一三塁オーティズ:四球⇒無死満塁ぞ消:中前安打⇒【2点】無死一ニ塁ゾ久保:三振⇒一死一ニ塁β紳:右前安打⇒【1点追加】一死一三塁長谷川:四球⇒一死満塁。。ココで投手交代(光原→川越)
緊急リリーフの川越も勢いづくホークス打線の勢いを止めることが出来ず、┥湘:中前安打【2点追加】長谷川がニ三塁間で刺殺⇒二死二塁田上:左前安打【1点追加】⇒二死一塁)楝臣翦槇融飴爛船Д鵐献曄璽ス【6得点】18時開始のためボクが見たのはダイジェスト、スタッツはバファローズHPから拾いました。この試合が妙に引っ掛かった理由は清川投手コーチの温和な表情!

ボクが中継を見始めたのは19時半頃、その時カメラはベンチで清川投手コーチと話す光原投手を抜いてました!目を腫らし神妙な面持ちで聞き入る光原投手と清川コーチがジックリと話し込んでるのです。マウンド-打席-スタンド-ベンチと何度もアングルは変わりましたが、ミーティングは2イニングに跨ってたのでは?
清川コーチが離れると彼の頬を堪えていた涙がつたいました。
少し間を置いてスコアラーと思しきポロシャツ姿の男性が彼に二言三言・・
その後カメラが彼を追うことはありませんでした。
憎いカメラワークに感心すると共に清川コーチの存在に胸を撃たれたのです。

頭を過ぎったのは・・・
小僧たちの春シーズン最終戦・・・・
何となく似てるやんって・・・・・
あの日、マウンドを降りたYに清川コーチは居ませんでした。
次に頭を過ぎったのは・・・高校時代バッテリーを組んでたK、打たれても抑えてもどんな時も清川コーチのようにスコアブックのCheckに付き合ってくれました。


4年生の投手にスコアブックCheckは不要かも?やけど。。
ミーティングは必要やろうと!
ソコまで行かずとも、もう一歩踏み込んでみようと!!

ここで、小僧とのやりとりをご披露してみることに。。。
 ボク)今のん見た?
 小僧)うん、泣いとったなぁ・・
 ボク)なんで泣いてるんやろ?
 小僧)交代さされたからちゃう?
 ボク)何を話してるんやろ?
 小僧)・・・・
 ボク)わからへんかぁ?想像でもエエで!
 小僧)・・・うん、・・・そやなぁ〜怒られたんかも?
 ボク)怒ってるようには見えんけど・・・なんで交代したかおさらいしてるんかナ?
 小僧)そやなぁ☆いつも打席で考えてたコトおさらいするんと一緒やなぁ!〜∞
グラブをはめソファーに寝転がりつつTV観戦してる小僧と話し決意しました☆

明日の合宿から
清川コーチより聴き上手な守備走塁コーチ兼投手コーチになりま〜す(^o^)/


Category: Coaching
Posted by: mitsuro11
昨日7月5日(=7月第1週の日曜日)も盛りだくさん!
午前中の少年野球に始まり、午後は区PTAこどもカーニバル、
夕方にはJAYWALKのLIVE@グランキューブ大阪♪
終演後はLIVE仲間(大センパイですがっ)の『居酒屋風の店で食事を!』の声に応えるべく西梅田に走ったのでありました。

こどもカーニバルを終え3時過ぎに帰宅。
届いたMailをCheck→Re:した後シャワーを浴び大急ぎで身支度☆
財布に入れたチケットを何度も確認し移動手段を検討するため日本気象協会のHPをCheck!6時間後の雨雲の動きを見ると微妙な様子⇒”水色”の注釈を見ると5~10mm程度の雨。。
更に大阪市内のピンポイント予報をCheck!夕方以降は”降水確率60%”ながら・・・雲の色・湿度・風などの情報を独自に分析(≒山勘≦電車移動面倒臭い)結局は愛車のミニバイク(=愛称:アカード)に跨り強行出発!!
午前中@長居グランド〜午後@南百■小学校の暑さがウソのように快適な40分のツーリングで会場到着!

ALBUM”STORYS”効果&”徹子の部屋”はじめプロモーションの成果でしょう!?
多くの来場者への入場制限もあり着席できたのは開演予定5時の5分前。
(ちなみに開演は15分頃やったかナ?)
5月9日@京都会館以来のHallコンサート♪セットリストに大きな変更は無いのですが・・・毎回×2彼等のライヴは”失いかけた何か”を思い出させてくれて、
厳しい現実を直視すると。。。
どうガンバっても折れてしまう弱いジブンが”少しだけ強く”なれたりもするのです。

あと3日で46歳になるオッサンを号泣させるあの曲は・・・
京都同様アンコールの1曲目。。
『東京』歌詞を『大阪』に置き換えてのアコースティックバージョンは余計に心の傷に沁みたのです。。。

LIVEの余韻に浸りつつ、それぞれの色んな思いを胸に四人が梅田の居酒屋で飲み・喰い・語り合い(モチロンボクハノンアルコール)・・・
アッちゅう間の200分を過し。そして撤収。
時計の日付は5→6に傾き、7月5日もあと30分弱。少し雨雲が低くなった気配にビビりながら御堂筋の第一車線を35Km/hで安全走行。
12時をまわりかけた天王寺辺りで遂に雨雲が綻びはじめたものの・・・・
雨に打たれるのも然程気にならず(Tシャツにジーンズだったのが大きいのかも?)寧ろ心地良い感じすらして・・・・・
昨夜は7月初の午前様でありました!

“私たちの大切な時間は、刻一刻と進んでいます。そして、私たちの大切な人の時間も、刻一刻と進んでいます。”というコメントを某Blogで見つけ、妙にそのコトバがココロに引っ掛かって、そんなこんなで今日は計時的に書いてみました。

来週は小僧達の夏合宿!ボクも2年連続2回目の参加!!
ボクにとってのJAYWALKのように、
子ども達の”心の鐘を叩き””胸の奥まで揺さぶる”コーチを目指してシッカリ準備しようとココロに誓ったのであります(`_´)ゞ

Category: Coaching
Posted by: mitsuro11
梅雨の晴れ間に恵まれた先週末、
真夏の炎天下を思わせる河川敷野球場@淀川で、
小僧達の春シーズンが幕を閉じました。。。

【初回】先攻の我TEAM、四球と死球で無死1・2塁という絶好のチャンスを牽制死、2三振で潰し・・・ベンチにイヤぁ〜な雰囲気が。。

投球練習でも好調を確信したエースの初球を・・
相手のTopバッターがフルスイング!
センターへの大飛球に、二塁打を覚悟しました。。。
が、センターが動かんのです。。。。
ライトの小僧が打球に追いついた時には
打者走者は2塁から3塁に加速していました。。。。。
記録上は3塁打、でもピッチャー崩れのボクとしては・・・
続く2番の三遊間の当りにサードもショートも反応できず、速攻で1点献上。
3番には右中間2塁打、4番にはレフトオーバーのランニングホームラン。。。。。。
5番にはフルカウントから際どく見極められ、四球。
ボク以上に放心状態のエースはサードを守るキャプテンにマウンドを譲ったのでした。その後も四球にエラーが絡み、打者14人の猛攻で8失点。

【2回】攻撃前の監督激に誰も反応出来ず。。。
『1回15失点の広島カープよりマシじゃ!』というボクのコトバに”ニヤリ”と笑ったのは小僧だけ・・・
5番三振のあと、シツコく四球を選んでくれたのは6番JFでした☆
土曜日練習で徹底的に振り込んだ未完の大砲(=通称びっくり箱)SKは惜しくも三振★
しかしながら、SK三振までの6球でJFはニ盗、三盗を決めたのです。
試合前『なぁJん、やられたらイヤぁ〜なプレーを相手に仕掛けようゼ♪』というボクのリクエストに見事に応えてくれました!
(三盗がホントはアウトなんは内緒です・・・)
そして、二死3塁のチャンスに打席に向うのはウチの小僧であります!
『オイシイ☆オイシ過ぎる☆☆』と守備走塁コーチのボクは大興奮
(内緒ですが・・・)
『生まれて初めてあんな速い球見た!』との談話を残した彼への初球は確かに速かったぁ(>_<☆)
(1-0からの2球目をバックネットにファウルしたのを自慢するほどやったし。。)
2ストライクと追い込まれ、高めの釣球を選び?『手ぇ出んかったんちゃうん?』のインタビューに対し『シッカリ見極めた』と小僧の談話。
(口も成長してるようです。。)
そして運命の4球目!
「ピチっ☆」小僧の左内腿に剛速球が直撃したのです(T_T)
ニ死1・3塁のチャンスに監督は迷うことなく、代打KIを打席へ!
1-1からの速球に見事に振り遅れ打球はライトへ・・・
(注;少年野球の場合ライトへの強いゴロは”ライトゴロ”となり1塁でアウトになるケースが多いのです)
完璧アウトのタイミングでしたがライト→ファーストの送球が上ずりセーフ。1点を返しました。しかしながら、後続途絶え3回終了後1-8のコールド負け。

ゲームセットの瞬間、Best8への夢が破れ、小僧達の春シーズンが終りました。

監督・他のコーチはイロ×2云ってたけど・・・
ボクは『胸張って帰ろうゼ!』と一言!
(チョッと、千葉県知事気分やったかも???)


帰宅した小僧の左内腿にはクッキリとボールの痣がッ・・・
『ピッチャー謝ってくれへんかった!ファーストは謝ってくれたけど!!』と小僧。
『ほんで、ピッチャーどやってん?』とボク
『スラッガーのグラブ使っててカッコ良かった!ロン毛でROOKIES安仁屋みたいやったし!!』と小僧。。。何見とんねん(・・? 成長してへんやん(T_T)


この週末も、何時も通り練習。今度は夏の大会に向けて♪
Best8を逃したのは・・
恋人にふられたみたいに切ないけど・・・

でも、小僧たちに色んなコトを学ばせてもらいました!!


【追記】移動のクルマに向う道のりは・・暗くて・・・長くて・・・・
再び『胸張って帰ろうゼ!』と云いながら、胸を張って歩くボクに・・・・・
『ソレは春日やん!』と突っ込んでくれたのは、やはりJF♪
みんなに笑顔が戻りました(^o^)/ 
んで、モチロン『ウイ』と返事しましたよん(^_^)v

| Next»